着こなし

着こなしニュースヘッドライン 2020/03/09

迷彩に見えない“お洒落迷彩”6選! | Fashion | Safari Online


この春は、そんなお洒落目線のカモフラ柄が大豊作。たとえば、波乗りで頼れるアウターやご近所で気楽に穿けるジョガーパンツまで揃っている。もともと迷彩は自然に溶けこむための柄だけど、お洒落目線のカモフラ柄は街に映える存在。それでいて、迷彩本来の男らしさも残されている。春の主役アイテムにキャスティングするには、まさに適役でしょ!?  CANADA GOOSE7万4000円(カナダグース)アート系カモフラ柄なら海上がりに一目を置かれる!?ホワイトグースダウンを少量封入したモデル“カブリフーディー”が、“フリーフォ…
https://safarilounge.jp/online/fashion/detail.php?id=4593
2020/03/09 21:11

着こなしニュースヘッドライン 2020/04/25長澤まさみ&夏帆:透け感ワンピで“氷のソファ”に… 大人可愛いシャツコーデも - 毎日キレイ  女優の長澤まさみさんと夏帆さんがイメ...

今春「大人のトレンドコーデ」簡単攻略テク(ananweb) – Yahoo!ニュース

新しい年には新しい着こなしを。ファッショントレンドはシーズンごとに少ずつ変化を見せているので、情報だけでも素早くキャッチしておきたいものですよね。さて、今年……というよりも今季の秋冬からジワジワと人
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200309-00010000-ananweb-life
2020/03/09 20:11

‟脱・黒”がポイント!?オーランド・ブルーム流楽チンパンツの着こなしテク! | Celebrity | Safari Online


というわけで、お手本にしたいのはお洒落の達人、オーランド・ブルーム。彼が最近ハマっているのが、ドロスト付きの楽チンパンツ。それも黒以外を選んでいるのが印象的。でも本気のお洒落というより、”見られてもいい普段着”といった感じ。黒だとどうしてもストイックな印象になりがちだけど、オーリーの場合はまったく逆。楽チンパンツ本来のリラックス感を生かしつつ、アカ抜けた印象で穿きこなしている。それではさっそくオーリーの“脱・黒”パンツのこなし方を見てみよう。  style01ワンマイルウエアだからこそ、あえてのパープル…
https://safarilounge.jp/online/celeb/detail.php?id=4592
2020/03/09 17:53

大宮・おふろcafe utatane
おしゃれ複合温泉「おふろcafe utatane」にいってみた。東京湯めぐり倶楽部から「おふろcafe utatane」のレビューをお届けします。 皆さんは「おふろcafe」をご存じでしょうか? ...

美しい着こなしにも注目! 帰国中のメーガン妃&ヘンリー王子、最後の公務で大忙し

ヘンリー王子とメーガン妃は、王室を離脱する前の一連の最後の公務で連日忙しいスケジュールをこなしている。3月7日(現地時間)にはそろってマウントバッテン音楽祭に出席した。前日まではそれぞれ個別にイベントに出席したほか、5日夜には負傷兵らを支援する「エンデバー基金」の授賞式に2人そろって姿を見せた。
https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a31275765/sussex-busy-engagements-200309-hns/
2020/03/09 16:45

~身長158cm。彼女が、ファッションを、もっと自由にする。~ バーチャルヒューマン「YU(ユウ)」誕生:時事ドットコム


[株式会社ジーユー]2020年3月9日(月)デビュー 「YOUR FREEDOM 自分を新しくする自由を。」がブランドメッセージのジーユーから、2020年3月9日(月)に、バーチャルヒューマン「YU(ユウ)」がデビューします。 「YU(ユウ)」は「身長158cm。彼女が、もっと、ファッションを自由にする。」というコンセプトのもと誕生した、バーチャルヒューマンです。「モデルが着るように、ステキに着こなせない」「試着する前に、諦めてしまうことがある」など、トレンドの服を着たいが似合うものが見つけられ…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000102.000011182&g=prt
2020/03/09 12:35

セント・アンドリュースでおしゃれをチャージ! かっこよく、美しく、柄を着る! Regina(レジーナ) | Regina(レジーナ)


世界に名を馳せる聖地にふさわしい伝統と気品を宿しながら、洗練されたスタイルを提案する「セント・アンドリュース」。今季はグラフィックをメインにアクティブマインドの高い数々のルックを展開し、かっこよくて美しい着こなしを叶えます。 クラシカルで今っぽいモノグラムコーデ
https://www.regina-web.jp/news/trend/fashion/19676/
2020/03/09 10:03

西村玲子の装い帳:垣根のない着こなし – 毎日新聞

 雑誌を見ていたら、メンズファッションのページが目に留まった。ルールのようなものにとらわれない、自由な着こなしが新鮮ですてきなのだ。  型にはまっていると思いがちな男性のおしゃれだが、最近のそれはかなり自由になっている。私も何となく気づいていたけれど、確信に変わった。そもそも、おしゃれを男女で分ける
https://mainichi.jp/articles/20200309/ddm/013/100/050000c
2020/03/09 02:01